オンラインカジノと富裕層の関係

オンラインカジノと富裕層の関係

オンラインカジノと富裕層の関係について、管理人こと「オンラインカレー」的に考えてみました。

 

 

そもそもカジノというのは王侯貴族の敷居の高い遊びでしたが近代化と共に、それは娯楽となり大衆の中にも入り込んできたという歴史的な流れがあります。

 

 

けれども、本来的にはカジノというのは王侯貴族の社交の場の中にあったものです。それがエンターテイメント化されて近現代においてはハイミドル、ミドルクラス、まで落ちてきたという事が言えます。

 

 

近代の新しい富裕層の誕生

インターネット時代と共にオンラインカジノは発達してきて大きな市場規模を持つようになりました。そのインターネットの普及の中で新しい富裕層が続々と生まれてきました。新しく事業で成り上がった人々です。

 

 

そもそものカジノの歴史的な沿革から考えるとカジノが王侯貴族の遊びであり社交場のものであったという事から紐解くと富裕層というのは過去も現在も大きく2種類に分けることが出来ます。

 

  1. 血統的なもので王侯貴族に入る部類の人々、又は、大きな資産を持っている社会的に力のある事業主。
  2. 時代的なビジネスによって新しく富裕層の仲間入りを果たした人々 又は小説、特許など知的財産を持つ人々

 

 

血統的なもので王侯貴族などに入る人々は、富裕層の中でも、何もしなくても経済的な心配はなくお金を使っても使っても使い切れないほどの人々です。

 

 

時代的なビジネスで成り上がった人々は富裕層ではありますが、ストックではなく社会的なシステムによって支えられた人々です。また、資産があるというよりは信用価値を上げる事でより大きなお金を動かすという側面が強く、延々と循環して価値を増やしていかなければならない人々で仕事が無くなった際には終わる人々です。つまりエリートビジネスマンの類ですね。

 

 

富裕層とひとつの言い方にまとめてしまってはあまりよろしくないと考えるわけです。そしてオンラインカジノと富裕層の関係をを考えるときには、特に時代的な富裕層である人々とオンラインカジノの関係を考える方がより妥当な関係性を導く事が出来るだろうと考えています。

 

 

金銭価値の捉え方の違い

王侯貴族系のストック型の富裕層は、既に何もしなくてもお金はどんどんと入ってきます。それ故に金銭感覚ではなく、心の満足感で価値を判断する事になります。誕生日がどうとか、気遣いというものに対して価値を見出すのです。ただのお客の一人ではなく。、個人を見つめてくれるという事に価値を見出すので、基本的にはオンラインカジノをプレイするという事ではなく人に直接会うランドカジノを好む傾向にあるの.と解釈する事が出来ます。

 

また使う額も桁違いですね・・・

 

 

反対に、時代的なビジネスによって成り上がった富裕層は一般的に見たら金銭感覚が欠如しているように見られる部分があるかもしれませんが、王侯貴族のストック型の人々とは全く異なります。そもそもビジネスで財産を築いたので、金銭感覚とビジネス感覚が強く、基本的には人と毎日会わなくてはならない生活をしており利害関係などで近付いてくる輩を正しく判断をして付き合いをきめなければならない環境にいたので、外に出るという事ではなくひっそりしていたいという気持ちもあります。

 

もちろん、ビジネスで成り上がった富裕層には、そもそも富裕であった人々に比べて見栄、欲、虚栄心もあるという事を自分自身で理解しているという事もあります。だから、ランドカジノで例えば一晩で1000万円を使って遊びたいと思っても、そのランドカジノのディーラーに渡すチップ、その場で振る舞いにかかるお金などを考えると、本当はただ遊びたいだけなのにそれ以上のコストがかかる事になり、それを考えるのも億劫になる性質もあると思われます。すると、高額レートで自分の好きなように賭ける事が出来るけれども自分の体裁を気にしたくない、という事を満たすのがオンラインカジノとなってきます。

 

 

富裕層がオンラインカジノを選ぶのはコスト意識と社会的な自分という仮面と保つ疲れを感じたくないという事に他ならないのではないかと分析が出来るわけです。

 

 

オンラインカジノに富裕層が注目!?

最近オンラインカジノの事を書いているサイトに、「富裕層も注目しているオンラインカジノ」というような見出しを見る事がチラホラとあります。この際の富裕層というのは石油王とか、鉄鋼王、造船王と呼ばれるような人々は多分殆ど存在していません。オンラインカジノに注目している富裕層というのは現代的なビジネスで財産を築いた人々であると考えられます。

 

 

なんと言っても、ランドカジノに行ってカジノをプレイするよりも、オンラインカジノでプレイした方がコストが安いのです。コストが安いというと富裕層という感覚ではなくなるかもしれませんが、支払えるけれども無駄に支払いたくない・・・と考えるのがオンラインカジノに注目している富裕層です。もちろん彼らだってランドカジノに行けばチップを普通の人よりは遥かに多く支払うでしょうし、そもそもカジノにデポジットしてあってVIPにいく人も多いでしょう。

 

 

でも、そのように扱われるためのコストが高い、時間的に無駄という事を考えるのではないかと考えられます。だから、ストック型の王侯貴族系の富裕層と、現代的なビジネスで財産を築いた富裕層では全く価値観が違うという事が言えます。

 

 

だからオンラインカジノに富裕層も注目しているというと少しばかり語弊があると考える事もできます。富裕層と一言で言ってしまえば確かに富裕層も注目しているオンラインカジノである事は間違いありませんが、石油王や王侯貴族のような人々は特段オンラインカジノの事をは気にしていないと考える事の方が妥当です。

 

 

王侯貴族系・石油王系の富裕層はお金が欲しくて当てたいからカジノに行くのではありません。また、カジノをプレイするためにランドカジノの場所に行くのではなく社交の場の中に、カジノという暇つぶしがあるという程度の事なのです。

 

 

オンラインカジノはそれとは間逆で社交の場が中心ではなく、カジノというギャンブルで当てる!!大金を運よく当てるという事に主眼が置かれています。それが、本当の王侯貴族系・石油王系の富裕層と全く異なる点です。

 

 

 

オンラインカジノは優雅な遊びではなく、ガツガツとカジノゲームが楽しくて、それで稼ぐという意識がある人々が行っているというのが正しい認識であると思います。オンラインカジノに集まる富裕層というのは、確かに一般的な感覚から言ったら充分に富裕層なのですが本来的なカジノの中で語られる富裕層とはまた少しイメージが違うものであるのではないかと思います。

 

 

 

出来れば、王侯貴族系の富裕層、鉄鋼王系の富裕層としてカジノを社交の場として捉える事が出来るような成功を掴み目指して掴みとっていきたいものですね!!カジノの富裕層の事に思いを馳せながら、そこに到達して優雅にカジノをプレイ出来る身分になるために、さらにあなたも、私も躍進して参りましょう。

 

 

 

 

エンパイア777の登録方法は→こちら】【エンパイア777入金方法

 

 

 

 



  • SEOブログパーツ

関連ページ

クレジットカード | JCB THE CLASSの取得
クレジットカードが大好きで、個人的にプレミアムカードの取得をしていく事に興味がありクレジットヒストリーを溜め込んでインビテーションを奮闘しています。
日本のオンラインカジノ市場としての価値
日本はオンラインカジノの普及、発展する市場として最適な市場です。日本はギャンブルに於ける経済規模は世界規模で見てかなり高額であるからです。
オンラインカジノと気軽にいうけれど・・・やはり富裕層の遊び
オンラインカジノって日本人的には何となく新しいスマホゲームって感覚ですが、でもこうしてサイトを作るために情報を見ていると富裕層な遊びだなと実感する事があります。
ブラックバス釣り
オンラインカジノの総合サイトの管理人の個人的な趣味のひとつでもあるブラックバス釣り。