オンラインカジノと日本市場

オンラインカジノの市場としての日本市場の大きさ

少しお堅い感じで書いてみようと思います。あくまでも個人的な考えですから、公式な日本政府などの見解ではありませんが、個人的にオンラインカジノを禁止していない諸外国から見た日本はオンラインカジノの運営者にとってどのように見えているのか?また市場規模的にはどれくらいのものなのかという事を考えてみました。

 

 

日本の現金主義がオンラインカジノの参入障壁

競艇、競馬、競輪、TOTO、パチンコ・パチスロなどは従来から現金のやり取りで行ってきました。クレジットカード社会でない日本人にとってはクレジットカードの普及にかなりの時間を要しました。ネット時代が本格的に到来してネット課金をする際の決済手段としてクレジットカードを利用する事に抵抗がなくなった人々が多く出現しましたが、けれどもいまだにクレジットカード取得する事や、それを実際に使用して買物をするという一般的な行為に対して違和感を抱いたり、恐さを抱いたりする人も少なくありません。

 

 

オンラインカジノのサービス運営開始

1999年に世界は初と言われているインターカジノが運営を開始しました。インターネットが普及しはじめてから、一部のネットマニア、ゲームマニアの間でオンラインカジノをプレイする人がいました。その頃にはクレジットカードの使用に慣れた一部の人々、海外送金に慣れた一部の人々、また知識レベルが高く留学経験のある人々で英語に堪能な人々が遊びはじめました。社会的な地位から見れば、ハイクラスの人々のほんの僅かな人々がオンラインカジノをプレイしていたという事が言えます。

 

 

そこから、日本市場に向けて本格的な参入をしようとオンラインカジノの運営側は考えはじめ、英語の障害の事を考えずに日本市場に開拓に本腰を入れますが、基本の英語ベースの運営は全く変わらず日本市場への参入は失敗したと言われています。

 

 

日本語対応のオンラインカジノの登場

日本語対応のオンラインカジノの登場は、本当につい最近と言っても過言ではありません。昔からあったにしてもカスタマーサービスまでも日本語になったという事はかなり最近であると考えても問題ないでしょう。それは、1999年以降インターネットが過不足なくだいたい普及した2002年くらいから日本市場に参入しようとオンラインカジノ運営側も本腰を入れ始めました。ただ、本当に最近になるまでオンラインカジノは見向きもされずという状態であり完全に日本市場の参入には失敗したと言われています。

 

 

そもそも語学に堪能ではない日本人の英語の能力を買いかぶり過ぎていた諸外国のオンラインカジノ運営側は、ろくに日本語対応をしないまま参入しようとした事が日本市場に対しての失敗の原因であると言われています。またクレジットカードでの入金や海外送金もその当時では大きな参入障壁となっており、完全にオンラインカジノの日本市場参入が失敗したと言われています。

 

 

 

その後2008年くらいから日本語対応のオンラインカジノが出てきてちらほらと普及のキッカケを掴みはじめました。その理由として、北斗の拳などのスロットが改悪につぐ改悪で、今まではすごくギャンブル性が高く、確かに当たって出る金額も大きかったのがかなり少なくなり出した事から急速に市場規模が半分程度にまで落ち込み22兆円程度になりました。

 

 

 

日本市場に参入を失敗した経験を活かしてのオンラインカジノ運営の考え方の変革と、日本市場がどれだけ莫大な市場規模で、それだけのコストをかけても取得する価値のある市場なのかという事を示しています。

 

 

 

日本のギャンブル市場の規模は莫大な大きさ

諸外国から日本のギャンブル市場に年間の規模を見るだけで喉から手が出るほど欲しい市場であるという事が簡単に理解出来ます。

 

世界最大規模のランドカジノであると思われているラスベガスでも年間1兆円程度の規模です。現在はマカオがラスベガスを抜いて1兆4000億円くらいの市場規模です。

 

 

パチンコ・パチスロ市場が活況であった際の2004〜2008年の市場規模がだいたい30〜40兆円と言われています。最も高いときが40兆円を記録したそうです。それはパチンコ・パチスロ業界だけの規模です。他のギャンブルの業界の競艇・競馬・競輪なども合わせると、もっとあるのでしょう。

 

 

【パチンコ・パチスロの市場規模はラスベガスもどこも敵わない】

日本市場がいかにオンラインカジノの運営側から見て素晴らしい広大で肥沃な市場なのかという事は容易に理解が出来るでしょう。だから、コストをある程度かけてども日本市場のシェアを我先にと獲得する事に躍起になっています。現在のパチンコ・パチスロユーザーの乗り換えの獲得を目指しているのではなく、パチンコ・パチスロの改悪の後に消えた20兆円の規模を狙っての参入であるとオンラインカレー個人は見ています。

 

 

2004〜2008年のパチンコ・パチスロ活況であり日本市場にインターネットが過不足なく供給されたのが2004年頃で、アフィリエイトという成果報酬型広告の先駆けが出てきて、アフィリエイトが完全に定着しました。ただ、パチンコ・パチスロ業界が活況であった為にオンラインカジノはその時点でも一部のマニア層にしか受け入れられていませんでした。

 

 

本格的な日本市場獲得

2008年以降、前回の日本市場の獲得に完全に失敗したオンラインカジノの運営側は、パチンコ・パチスロ市場の市場規模の縮小を見て、本格的に日本語に対応をして日本市場の獲得のために乗り出してきました。以前はパチンコ・パチスロに消費をされていた20兆円程度の市場が眠っているのですから、オンラインカジノの運営側は躍起になるのも頷けます。ラスベガスの20年分の売上げが日本市場にはたった1年で稼ぎ出せる可能性がある莫大な市場規模があるのです。

 

そしてオンラインカジノの普及の転換期として2010年頃がある程度日本市場に対応出来る日本語カスタマーを装備し、英語サイトも日本語化したことによって日本市場に受け入れられる土壌が出来たのです

 

 

そして現在、2015年オンラインカジノは2010年ではなかなか知られる事はありませんでしたが、今は随分とその存在を知られるようになってきました。またプレイヤーの数もベラジョンカジノが登場した事によって格段に増えた言っても過言ではありません。ベラジョンカジノの登場が日本のオンラインンカジノ市場を開拓したと言ってもあながち間違いではないと思われます。

 

 

 

今後日本市場がオンラインカジノの最も大きな市場としてターゲットになっていきます。もっとも大きな価値を持った市場が日本のオンラインカジノの市場です。パチンコ・パチスロへの消費が半分以下の20兆円程度になっていますが、パチンコから離れていったプレイヤーは、魅力的なギャンブルがなくなってしまった事によって、ギャンブルを控えているという解釈が出来ますから、これからオンラインカジノが目指していくのは、パチンコ・パチスロから離れたプレイヤーたちとなります。

 

 

 

そしてその市場はマックス20兆円の少なく見ても10兆円程度の規模があるとみてもあながち間違いではないでしょう。また、パチンコ・パチスロをプレイしている人々がオンラインカジノに転換してくるという事も充分に考えられるので、今後ますますオンラインカジノ普及というのは目を離せないでしょう。

 

 

 

 

掲載オンラインカジノサイト一覧

ベラジョンカジノ ウィリアムヒル カジノクラブ インターカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノはスマホで登録快適にプレイが出来るオンラインカジノです。またオンラインカジノ初心者の方に人気です。

 

ウィリアムヒルカジノクラブウィリアムヒルカジノは高品質なグラフィックでマーベルシリーズのスロットが出来るオンラインカジノです。

 

インターカジノ,intercasino

インターカジノはスロット好きに人気のオンラインカジノで歴史が長い老舗のオンラインカジノです。

 

32レッドカジノ オムニカジノ

 

32Red,32レッドカジノ32レッドカジノはロンドン株式市場に上場の安心のオンラインカジノ運営で優良で優雅な本格的なカジノ体験を実現しています。

 

オムニカジノ,omniオムニカジノ豊富なボーナスを用意しており、様々なオンラインカジノの賞を受賞している優良なオンラインカジノです。高画質・高品質なゲームも魅力です。

 

 

 

 

 



  • SEOブログパーツ

関連ページ

クレジットカード | JCB THE CLASSの取得
クレジットカードが大好きで、個人的にプレミアムカードの取得をしていく事に興味がありクレジットヒストリーを溜め込んでインビテーションを奮闘しています。
オンラインカジノと富裕層の関係
オンラインカジノと富裕層の関係を考えていて個人的に考えた事。富裕層にも二種類でストック系の富裕層とフロー系の富裕層の大まかに二種類。
オンラインカジノと気軽にいうけれど・・・やはり富裕層の遊び
オンラインカジノって日本人的には何となく新しいスマホゲームって感覚ですが、でもこうしてサイトを作るために情報を見ていると富裕層な遊びだなと実感する事があります。
ブラックバス釣り
オンラインカジノの総合サイトの管理人の個人的な趣味のひとつでもあるブラックバス釣り。